瀬戸内ジャムズガーデン
周防大島町日前331-8
TEL 0820-73-0002

瀬戸内のジャム屋が贈るジュレドリンクが新発売!
周防大島が最も輝く暑い夏がやってまいりました!
島のジャムズカフェで一番人気だった果実の生搾りジュースを、ついにジュレドリンクとしてお届けできるようになりました!
冷蔵庫で冷やし、さらには冷凍庫で凍らせて、暑い夏に最高のお供です。
特に島で産まれた南津海(なつみ)みかんは、島特産の初夏が旬の珍しいみかん。
その産みの親でもある山本柑橘園さんから直にいただいた完熟南津海だけを贅沢に絞っています。
ギフトにも最適ですので是非ともご用命ください。

【お問い合わせ】
瀬戸内ジャムズガーデン TEL 0820-73-0002

6/14(日)に「Satoyama推進シンポジウム2020」が開催されます
Japan Times Satoyama推進コンソーシアム(代表:末松弥奈子、株式会社ジャパンタイムズ・ 代表取締役会長兼社長)は『進化する里山資本主義』(株式会社Japan Times出版・藻谷浩介氏監修)の出版記念特別イベントをオンラインで開催いたします。
書籍でも紹介されている、里山資本主義の聖地「周防大島」にフォーカスし、藻谷浩介氏・松嶋匡史氏・野島拓也氏によるトークセッションを行いますので、この機会に是非ともお申し込みください。(※参加無料)

【日時】2020年6月14日(日)11:00-12:30(予定)
【出演】藻谷浩介氏・松嶋匡史氏・野島拓也氏によるトークセッション 『アフターコロナ 周防大島の挑戦』
【申込】https://satoyama-webinar2.peatix.com/(※無料にてお申し込みいただけます)
【主催】Japan Times Satoyama推進コンソーシアム
【協力】株式会社Japan Times 出版

「進化する里山資本主義」発刊に先立ち執筆者からのビデオメッセージ(瀬戸内ジャムズガーデン代表:松嶋匡史)
2013年の出版とともに大好評を博しました「里山資本主義」の続編としてJapan Times Satoyama推進コンソーシアムの書籍「進化する里山資本主義」が2020年4月下旬に出版されます!
第2章の舞台である山口県の周防大島にある瀬戸内ジャムズガーデンの代表取締役の松嶋匡史さんのビデオメッセージを紹介します。
1980年から2000年まで高齢化率日本一だった周防大島。
『里山資本主義』では、「過疎の島」こそが「21世紀のフロンティア」になれる例として紹介されました。
この章では、周防大島の20年を、胎動期、育成期、成長期、成熟期の4つの期間に区切って分析しています。
里山資本主義実践のためのヒントの宝庫です。

新刊『進化する里山資本主義』
地方は”消滅”しない
実践例から見えてきた
地域経済は関係人口でよみがえる

藻谷浩介[監修]
Japan Times Satoyama推進コンソーシアム[編]
四六判並製・336ページ/定価:1,800円(税別)
ISBN 978-4-7890-1763-3
発行:株式会社ジャパンタイムズ出版

〈本書の構成〉
第1章 「里山資本主義」の目指す世界(藻谷浩介)
第2章 周防大島が里山資本主義のふるさと≠ニ呼ばれる理由――20年間の地方再生ストーリー(Japan Times Satoyama 推進コンソーシアム)
第3章 人と地域と事業をつなぐ「プラットフォーム」(NPO法人ETIC.)
第4章 「ふるさと創生」から「地方創生」へ――自治体はどう変わったか(吉田雄人)
第5章 フロントランナーとして注目される実践者たち(村岡麻衣子)
第6章 対談:里山資本主義の新たな可能性 藻谷啓介×御立尚資)

★予約・購入はこちらから(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/dp/478901763X

苺の春色クレープが新登場!
ジャムズでは毎年恒例となりました「春のいちごフェア」に、待望の新作として「苺の春色クレープ」が登場しました!
もはやクレープが見えませんが、お皿いっぱいに自家農園産の完熟いちごを載せました!
いちごの下にはクレープが贅沢に3枚、クレープの間に季節の柑橘マーマレードをサンドしています。
さらに大島みかんのジェラートをトッピング。
クリーム系は極力使わずに、マーマレードと旬のいちごそのものを楽しめるように仕上げましたので、瀬戸内海に浮かぶ周防大島ならではの春の香りをご堪能ください。
また新作ジャムとして、完熟いちご瀬戸内ルージュジャムや蜜いものモンブラン風焼きジャムなどをご用意しておりますので併せてご用命ください。

【お問い合わせ】
瀬戸内ジャムズガーデン TEL 0820-73-0002

島カフェ02(やまぐち映像図鑑 NO.027)
自家農園や島の契約農園の果物を使ったジャム。
周防大島特産の柑橘類を使ったジャムや80種類にも上るというマーマレードを販売。
季節ごとに“旬”があるので、いつ訪れても楽しい。
併設のカフェスペースでは、海を眺めながら、その日おすすめジャム3種で楽しむトーストや、ジャムをトッピングしたピザなどを味わえる。

やまぐち映像図鑑(運営:山口県観光連盟)
https://oidemase-movie.jp/

山口県の旅行・観光情報サイト「おいでませ 山口へ」
http://www.oidemase.or.jp/

ジャムズ発祥「焼きジャム」シリーズ
普通ジャムは焼いたトーストに塗るもの。
しかし、トーストに塗ってから焼くと更に美味しくなるジャムそれが「焼きジャム」です。
ジャムごと焼いたほうが「ほっこり」・「トロリ」といった食感が楽しめるジャムたちです。
ぬくもりが恋しいこの季節、瀬戸内ジャムズガーデン発祥の焼きジャムシリーズを是非ともご賞味ください。

【お問い合わせ】
瀬戸内ジャムズガーデン TEL 0820-73-0002

ジャム屋の夏がはじまりました!
かき氷用特製ジャムと魅惑のモヒートのマリアージュが口溶け爽やかな、瀬戸内の夏を彩るジャム屋オリジナルのかき氷を好評発売中です。
また、白桃があまりに美味しいので、白桃を丸々一つ使用した冷んやりグラスパフェも装い新たに新登場!
フルーツの美味しさを活かした絶品スイーツに囲まれながら、周防大島の夏を瀬戸内ジャムズガーデンにてご満喫ください。

【お問い合わせ】
瀬戸内ジャムズガーデン TEL 0820-73-0002

夏のブルーベリーフェア開催中!
瀬戸内ジャムズガーデンがお届けする夏のブルーベリーフェアでは、ジャムズファーム(自家農園)でのブルーベリー摘み取り体験や、ブルーベリーを贅沢に使った限定スイーツをご用意して皆さまのご来店をお待ち申し上げております。
7/7(日)よりジャムズファームも開園しましたので、瀬戸内ジャムズガーデンにて美味しいスイーツをお供に夏の周防大島をご満喫ください。

【お問い合わせ】
瀬戸内ジャムズガーデン TEL 0820-73-0002

完熟清水白桃ジャム&スィ−ツ
岡山の契約桃農家さんから今シーズン初の清水白桃が届き、ジャム&スィーツに生まれ変わって今シーズン初の店頭デビュー!
まだまだ夏は終わらない「瀬戸内のハワイ」周防大島にて、シズル感抜群の完熟清水白桃ならではのジャム&スィ−ツをご賞味ください。

【お問い合わせ】
瀬戸内ジャムズガーデン TEL 0820-73-0002

ジャムズよりマーマレードの新ブランド「テラテッラ」が新登場!
瀬戸内ジャムズガーデンより新提案「ようこそ!あなたの知らないマーマレードの世界へ」。
年間60種類以上の多種多様なマーマレードを周防大島からお届けします。

「Tera」はお寺
周防大島では昔から色々な柑橘が栽培されてきました。
それは、お寺へのお供え物にも柑橘がならぶほど。
そして、せっかくのお供え物を腐らせてはいけないと、お寺でのマーマレード作りが始まりました。
Tera Terra(テラテッラ)は、そんな周防大島の古刹、荘厳寺(しょうごんじ)に伝わるマーマレード作りの経験と知恵から生まれました。

「Terra」は土
島の農家さんが育てる柑橘は、それだけでも美味しい果実です。
でも、マーマレードにしたときに一番美味しくなるように、農家さんといっしょに工夫を重ねてきました。
Tera Terra(テラテッラ)は、その素材を用い、寺の経験と知恵、たゆまない試行錯誤によりもたらされました。
それは、ここ周防大島の土から生まれた、マーマレードの新しい世界です。


住所
周防大島町日前331-8(Googleマップ
連絡先
TEL 0820-73-0002
営業時間
10:00〜17:30(ラストオーダー)
定休日
毎週水曜日(木曜日はジャム販売のみ)
価格帯
700円前後
席数
テーブル16席
屋外テラス8席


ジャムの材料、それは果物。
果物の特徴を知り、最適な方法によりジャムに仕上げる。
果実産地だからできる新しいジャム作りに私たちは取り組んでいます。
添加物を使用しないジャム作りでは、果実がおいしくないとおいしいジャムができない。
果実は生で食べるのに適した時季とジャム加工に適した時季は必ずしも一致しない。
これらの理由から瀬戸内ジャムズガーデンでは、ジャムへ加工することを目的とした果実の栽培に取り組んでいます。

果実本来のおいしさを表現するために
基本は種と中心部分の芯を取り除いた果実全体を使い、化学的精製のされていない種子島産の砂糖(洗双糖)を使用して煮込みます。
「果実と砂糖のみ」を基本とするのは果実本来の味を一番ストレートに伝えることができるからです。

不要な添加物やゲル化剤、化学調味料や合成着色料などは添加しません。
添加剤を使用しない代わりに、よりおいしく、かつ品質を安定させるために、果実の収穫時季や貯蔵方法を工夫することにより酸味や風味を調整したり、湯がき回数や果実の使用部位の加減等により苦みを調整します。
このような工夫を重ね、自然の風味をそのまま楽しめるジャムに仕上げております。

ジャムズガーデン独自のオリジナル「焼きジャム」は、東和金時(鳴門金時と同系統のサツマイモで周防大島の特産)でジャムを作っています。
芋のジャム?と思われるかもしれませんが、トーストに塗りトースターで焼くと、ほっこりとした美味さに大好評を得ています。

瀬戸内ジャマウズガーデンの店内には、季節のジャムをお気軽にテイスティングいただける試食コーナーを設けていますので、しっかり味を確かめてお気に入りのジャムをお買い求めいただけます。

ウッド調の店内からは、美しい白鳥ヶ浜と瀬戸内海に浮かぶ飛瀬島を望むロケーションが広がります。
できたてジャムの爽やかな香りただよう店内で、ジャムズのオリジナルスイーツと共に素敵な島時間をお過ごしください。

席数
テーブル16席
屋外テラス8席